傷だらけの悪魔 感想12 キャラクター編②<小田切(玖村)詩乃>

Posted by in 傷だらけの悪魔感想11~20 キャラクター編


COMICOの連載漫画「傷だらけの悪魔」の感想です。

傷だらけの悪魔の悪役ながら、舞の所属していたグループが中学時代に虐めていた子です。

しかも普通の虐めでは無く、便器に顔をつっこまれてりしているので、詩乃に同情しない人はいないでしょう。

53話では髪の長いお母さんと思われる女性に棒で殴られている描写があるので、おそらく家では虐待も受けていたと思われます。

現在(高校生時点)はおそらくお婆ちゃんと二人暮らしなのだと思います。

私は詩乃をサイコパスではないかと疑いながら読んでいました。

精神病質wikipedia

以下引用 犯罪心理学者のロバート・D・ヘアは以下のように定義している。

  • 良心が異常に欠如している
  • 他者に冷淡で共感しない
  • 慢性的に平然と嘘をつく
  • 行動に対する責任が全く取れない
  • 罪悪感が皆無
  • 自尊心が過大で自己中心的
  • 口が達者で表面は魅力的

引用ここまで

私が詩乃のどの辺がサイコパスに見えたかと言うと 詩乃は舞に復讐をするのですが、私が思うには「見張り」にそこまで憎しみを燃やせるかな?と思うのです

※コミコのコメント欄を読むと「充分に詩乃に共感できる」という意見も多いのでそうは思わない人もたくさんいる様子です

そして、クラスのみんなを騙し(けっこうスラっと嘘をつくのって難しいと思います、それが小さな嘘であっても) 扇動し、操る(普通そんなことできない)

そして私はサイコパスって「良心が無い、又はほとんど無い」のが特徴だと思うんですが、 詩乃って今の高校生活にそれ程不満は無いと思うんですよ。

千翔子っていう親友もいます。

クラスのみんなは詩乃に操られてしまうほど信用してくれています、(虐めっ子の舞が転校してきたことを)心配してくれています。

担任の先生にも「しっかりしてる」と評価されています。

虐められてた中学時代と比べたら天国みたいな環境ではないですか?

当然「クラスのみんなに感謝」って気持ちがわいてくると思います。

はたして、そんな”みんな”を騙して操って自分の復讐に利用できる人間が「サイコパスでない」と言い切れるでしょうか?

良心があったらできますか?

・・・・と、言いたいのですが 57話で頭痛で保健室で寝ながら「千翔子を一人にしてしまうから学校がある日は気をつけないといけないのに」って考えてるんですよね。

良心が無い(サイコパス)人が親友を一人にしたくなくて心配するだろうか?

とも思うのです。

いや、まてよ・・・と今考え付いたのですが 千翔子は猪突猛進で相手にケンカをふっかけて「争って仲直り」というタイプの性格の人です。

舞と「争って仲直り」されると自分の不誠実さが露呈してしまう・・・だから「学校では千翔子を一人にしないように・・・」なのかな?

うーん。。。疑ったら全部疑わしく思えますね(笑)

でもきっと詩乃はサイコパスじゃないよ、ウン。

何故かと言うと、これ「サイコパス漫画」じゃないんですよね、「虐め漫画」なんです。

問題が大きくなりすぎてテーマがボケるようなことはしないでしょう(笑)

・・・と、思いたい。

個人的には中学時代のショートヘアーの詩乃が可愛くて好きです。 こんな可愛い子よく虐めることができるなぁ・・・。
e0113-2