藤塚 優里亜 傷だらけの悪魔 感想13 キャラクター編③

約 3 分


キャラクターの感想③ <藤塚 優里亜>

COMICOで連載中の「傷だらけの悪魔」の感想です。

今回は藤塚 優里亜について。

けっこう難解な思考の持ち主です。

が! 一応この人(優里亜)の思考パターンはわかってきたような気がします。

おそらく「仲間第一、それ以外はそれほど大事でもない、そして世話好き」 任侠ドラマの兄貴分(姐貴分)みたいな性格だと思います。

舞を虐めることになったキッカケが「舞が勢いよく閉めた扉に静の手が挟まったのに、舞が謝らなかった」こと ・・・なんですが!

その後、恵那が「これぐらいしたっていいでしょ」って舞の文房具をゴミ箱に捨てて その後静も続いて 静「ゆりちゃんいいよね?」と同意を求めたことに 優里亜が「いいんじゃない」と返事をして虐めが始まっています。(第10話)

優里亜という人は虐めを好む人ではありません(ただし後で舞への虐めに快感を覚えてるような描写あり←第29話)

まず「静に謝れ」という動機で舞を虐めないといけないのなら、中学生の時に静を虐めていた山本萌菜を虐めないと辻褄があわないです。

ですが萌菜は虐めてはいないのに、舞は虐めています。

これは「恵那と静が虐め(舞の文具を捨てる)を始めたこと」に「そんなことをやっちゃダメだ」と言えなかったからではないかと推測します。

かわいい妹分の悪事を「悪い」「ダメだ」って言えなかったんですね。

ただ、優里亜は舞に失禁させた後、おなかを空かせてるであろう舞のところへグミを持っていって謝ろうとしています(第34話)

私は優里亜に関しては、いつか舞と和解するんじゃないかと見ています。

優里亜という人は自分が間違っていたと気付いた時に、瞬時に豹変できる人じゃないかと思うんですよね。

「葛西さんごめんなさい」と静や恵那の前でわびることができれば藤塚グループの舞への虐めは終了です。

(失禁までさせられた舞が許せるかどうかわかりませんが)

そして私が思う藤塚グループのポイントなんですが、高校生の女子グループに虐めをするために結成されるようなグループがあるとは思えませんが、藤塚グループはむしろ虐めをやめさせてきたグループです(恵那に対してや静に対しての虐め) 虐めを楽しみ続けれるメンバーでもないでしょう。

ですからいつかは飽きるし、飽きたら優里亜は自分をふりかえるし、ふりかえれば自分が悪かったと思うこともあるでしょう。 「静が悪かった」とは思わないでしょうが、「私(優里亜)が悪かった」なら堂々と謝れる人でしょう。

・・・と藤塚グループに思う理由は、単純に「漫画だから」という理由もあります。

物語には山があったり谷があったりしないと面白くないですが、いつまでも詩乃のターン(舞虐め)が続いていては谷(舞にとって)ばかりです。

でも盛り上がりの山をつくるには藤塚グループは邪魔です。

たぶん和解するんじゃないですかね? 舞と仲良くなるかどうかはわかりませんが・・・。  

パイナップル漫画優里亜&静



Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Most Viewed Posts

More
UA-76146099-3